アルダ・トゥラン、4つの罪状で起訴へ
2018年10月16日付 Cumhuriyet紙


アルダ・トゥランが歌手のベルカイとした喧嘩に関して起訴状が準備された。

サッカー選手のアルダ・トゥランがエミルガン地区にあるナイトクラブで歌手のベルカイ・シャーヒンの鼻の骨を折ったことに関してイスタンブル県共和国首席検事局によって起訴状が手配された。トゥランについて「性的嫌がらせ」、「無許可での銃保持」、「公共の安全性を故意に脅かす行為」、「故意による傷害行為」という罪で、シャーヒンについては「侮辱」の罪で起訴状が手配された。
起訴状では、トゥランに対し12年6か月、シャーヒンに対し2年の懲役刑が求められた。シャーヒンについての「脅迫」という罪状には不起訴が言い渡された。シャーヒンの弁護士は昨日、イスタンブル県共和国首席検事局に請願書を提出し、トゥランを「性的嫌がらせ」、「銃刀法違反」、「公的安全性を故意に脅かす行為」、「故意による傷害行為」という罪で逮捕するよう要求した。請願書では、トゥランがナイトクラブでシャーヒンに暴力をふるったことが述べられており、さらにこの(クラブチームの)バシャクシェヒル所属のサッカー選手(トゥラン)がその後、病院に行き、ベルカイ・シャーヒンを銃で脅したことが明らかにされた。請願書で、「言葉の嫌がらせ」、「公共の安全性を故意に脅かす行為」、「銃による脅迫」、「無許可での銃保持」という罪状で逮捕と刑事告訴が求められた。

■バシャクシェヒルの幹部、集合

一方で、バシャクシェヒル・サッカークラブの幹部委員会は、昨夜、当該の問題について会議を行った。この問題について今日バシャクシェヒルから書面での声明が出る予定だ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:鈴木 唯)
(記事ID:45565)