写真家アラ・ギュレルに別れ
2018年10月21日付 Hurriyet紙


写真家アラ・ギュレルの葬儀が行われた。

アラ・ギュレルのためにまずガラタサライ広場で式典が行われた。葬儀に数多くのファンが参列し、家の窓から葬儀を眺める一人の女性は目に涙を浮かべていた。一方、アラ・ギュレルの父親の故郷であるシェビンカラヒサルから送られた土壌とセイヨウバクチノキが祈りを込めて、写真家の墓に供えられた。アラ・ギュレルの遺体は、ガラタサライ広場での式典後ベイオールウチホーラン・アルメニア教会に移送された。教会は、ギュレルを愛す人たちで一杯になった。アラ・ギュレルのために「歴史をとらえた人であった。」と話す公正発展党スポークスマンのオメル・チェリキ氏は「大統領の命により棺がトルコ国旗に包まれたご存知のように、国民に、国に貢献し、価値を生み出した人々が称賛される。棺がトルコ国旗が包まれる。彼もこのように名誉が与えられた。」と話した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:尾形知恵)
(記事ID:45592)