金納兵役一期生、入隊
2018年10月25日付 Hurriyet紙


金納制兵役の一期生となる兵士が兵舎に召集された。「祖国への奉仕を歓迎する」と言われた兵士たちは、登録を終えた後、兵役を開始した。

金納制兵役の適用を受ける最初の召集期間に兵役登録を受けた人々が兵舎に配置された。

召集を受けた兵士のためにたてられた金納制兵役の日程が開始され、登録を終えた後、21日間の訓練のために兵舎に配置される。この三期に分けて行われる兵役のうち最初にアンカラでの兵役に就く兵士たちは、エティメスグトにある装甲部隊訓練司令部の下に配備された。エティメスグトの最初の兵役では約2550人が義務を果たし、金納制兵役では主な内容ごとに「戦闘訓練」「隊形訓練」「射撃訓練」「基礎的な身体訓練」「軍隊の文化」の5つの訓練を受ける。

兵舎に来た兵士たちは彼らの家族に別れを告げた後、入舎登録を行った。「祖国への奉仕を歓迎する」と書かれた門をくぐった兵士たちは祖国への任務に就く。兵役のためリゼから来たドアン・ヤズジュは「私は金納制兵役の募集1日目にさっそく登録を行った。家には2人の子どもがおり、残してきている。私はリゼで大工をしている。実際の兵役として21日の訓練というのは不十分だと思うが、しかし私にとっては仕事があるので21日で済むのはありがたい」と語った。

ムラト・アヌチュは「私はイスタンブル出身で、金納制は我々の大部分にとって良いものだった。私はこれを長い間待っていた。私は自分で事業を5年続けてきたが、1年間も仕事をしなければ、私の生活は成り立たなくなる。私は友人に21日間の仕事を任せて来ました。短期間の招集で私は仕事に戻ることになるだろう」と述べた。

ベルカイ・クルは「働いていました。仕事の都合で建設現場に行かなければいけないこともあります。国が制度を提供してくれ、我々は金納による短縮を行うべきだといった。幸いにも最初の招集を受けました。素晴らしい法律が適用され、私は仕事を辞めなくて済みました」と話した。

息子を兵役に送り出すビュレント・クルは「私はとても興奮している。短期間であれ兵役は兵役です。国と兵士の家族の上に神の恩恵がありますように。我々は徴兵制から職業軍の国に変わりつつある。私は誰もが同じような恩恵を受けられるような社会にならなければならないと思う」と話した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:本岡篤也)
(記事ID:45628)