ロシア・イラン・トルコ、シリア憲法制定委員会発足へ合意
2018年10月24日付 Cumhuriyet紙

トルコ、ロシア、イランの三国が国連シリア特別代表と共同でシリアで憲法制定委員会の設立に向けた作業を迅速化する点で合意したと伝えた。

ロシア外務省が発表した書面による発表では、ロシア、トルコ、イラン副外務大臣が、シリア問題に関して昨日モスクワでアスターナでの会議のような形をとって会合を開いた。

会議では、シリアの戦闘地域の状況を詳細に取り上げたとし、以下のことが述べられた。

「ソチで行われたシリア国際対話会議でとられた決定に沿って、憲法制定委員会設立に向けた作業を開始することに関して協議が行われた。トルコ、ロシア、イランは、シリア人全体の利益に配慮しながら、国連シリア代表部と共同で憲法委員会の設立に向けた作業を迅速化する点で合意に達した。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:庄原茉美)
(記事ID:45630)