イスタンブル新空港へはこのバスで
2018年10月27日付 Hurriyet紙


イスタンブル新空港の正式な開港まで残り数日となった。新空港行きのイスタンブル市営交通局(İETT)のルートと停留所が発表された。イスタンブルの各地から36〜60分で新空港へ行けるようになり、18路線・150台のバスで運行される。運賃は、12〜30TLである。

 トルコの巨大プロジェクト、イスタンブル新空港の開港まで残り数日となった。10月29日に正式に開港するイスタンブル新空港行きのバスの詳細が明らかになっている。詳細によると、İETTの新空港行きバスのルートと停留所が発表された。新空港-メジディイェキョイ線も実現する。

H2線は、メジディイェキョイ・メトロバス、チャーラヤン、ヌスレト、ハスダル、ケメル・ヨル、オルマン・ヨル、クユ・エムニイェティ、イフサニイェ交差点を通過し、新空港に到着する。
H3・空港-ハルカル線は、ギュムリュク、第四通り、ルメリレル、アタテュルク地区、デミルジレル団地を通り、新空港へ到着する。
最も停留所の少ない線は、H4線・新空港-アタテュルク国際空港線で、アタテュルク国際空港、バフチェシェヒル・メトロケントを通りイスタンブル新空港へ到着する。

■運賃は12〜30TL

1. ベリクデュズ・チュヤプ-52km-15分-21TL-15車両
2.バスターミナル-38km-15分-16TL-12車両
3. バクルキョイ-44km-10分-18TL-19車両
4. イェニカプ・スィルケジ-50 km-11分-18 TL-23車両
5. ベシクタシュ-43 km-20分-18 TL-13 車両
6. アリベイキョイ・ジェプ・バスターミナル-31 km-30分-16 TL-5車両
7. カドゥキョイ-64 km-20分-25 TL-11車両
8. ペンディク-93 km-45分-30 TL-5車両
9. ハジュオスマン-40 km-30分-16 TL-4車両
10. テペウスチュ-91 km-30分-25 TL-7車両
11. アルナヴトキョイ-22 km-40分-12 TL-3車両
12. ケメルブルガズ-21 km-40分-12 TL-3車両
13. サルイェル-40 km-30分-16 TL-5車両
14. バシャクシェヒル-27 km-30分-14 TL-4車両
15. バフチェシェヒル-40 km-40分-16 TL-4車両
16. マフムトベイ・メトロ-36 km-45分-15 TL-3車両
17. ハルカル-40 km-50分-16 TL-4車両
18. メジディイェキョイ-37 km-15分-16 TL-10車両


■5路線15区

初期の段階では、5路線で15区内で、15のバス・センターから乗客を拾えると発表されていた。これによると、新空港へ以下の路線が敷かれていた:

-タクスィム-ベシクタシュ-新空港
-イェニカプ-バクルキョイ-イェニボスナ-新空港
-コズヤタウ・メトロ-新空港
-TÜYAP・バフチェシェヒル-新空港
-アタテュルク国際空港-新空港

 当該の路線は以下のように計画された: アルナヴトキョイ―新空港、バフチェリヴレルの塔、バクルキョイ・イスタンブル海上バス会社(İDO)、バシャクシェヒル・メトロケント、ベシクタシュ海岸İDO、ベイコズ・カヴァジュク、ベイリクデュズ・共和国-メトロバス、ベイオール・タクスィム-ギュムシュスユ、ブュユクチェクメジェ・TÜYAP、エユプ・ギョクテュルク、ファーティフ・イェニカプ-İDO、カドゥキョイ・コズヤタウ、キャウトハーネ・ハスダル、ウムラニイェ・テペウスチュ、シシュリ・ズィンジルリクユ。

■地下鉄路線は2019年暮れから

 ガイレッテペ-イスタンブル新空港間の地下鉄は2019年暮れ、また、27km・6駅から成るハルカル-イスタンブル新空港間の地下鉄は2020年暮れの運行開始が予定されている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:甲斐さゆみ)
(記事ID:45643)