トルコ、UEFAサッカー国別リーグでCリーグに転落―スウェーデンに惜敗
2018年11月17日付 Cumhuriyet紙


UEFAネーションズリーグのBリーグ・グループ2の第四試合がコンヤで行われた。サッカートルコ代表チームはスウェーデンに1-0で敗北し、Cリーグへ転落した。スウェーデンのゴールは、71分クランヴィストがPKで決めた。

■セルダルが負傷

 コンヤ広域市スタジアムでの試合前、ウォーミングアップ中負傷したガラタサライのディフェンス、セルダル・アズィズが外された。代わりにカーン・アイハンが出場した。

■ドイツ色

 対スウェーデンのスタメンには、カーン・アイハン(ゲルゼンキルヘン)、ハサン・アリ(ノイヴィード)、ユヌス・マッル(カッセル)、ハカン・チャルハンオール(マンハイム)、ジェンキ・トスン(ヴェッツラー)が名を連ね、ドイツ生まれの選手が目立った。

■コンヤでのアタテュルク・フィーバー

 試合前、サポーターのため座席に4万2千の国旗が置かれた。42分をを示したとき、携帯のフラッシュとトルコ国旗でお祭り騒ぎの様相となったコンヤのサポーターは、イズミル行進曲を歌った。

■この15年で最悪

 UEFAネーションズリーグで、トルコ代表はグループの最後の試合でスウェーデンに1-0で敗れ、勝ち点3でCグループへ転落した。スウェーデンに敗北した後、コンヤへ試合を観に来たサポーターらは、試合後のスウェーデン代表を称賛した。一方、このような不成功が続くのは、2003年以来トルコには初めてのことであった。トルコは2003年以来初めて、3試合連続でゴールを奪っていない。2003年、ウクライナ・イギリス・チェコ共和国との試合で、トルコ代表はゴールを決めていない。直近の3試合、スウェーデン・ロシア・ボスニア・ヘルツェゴビナに対してもゴールを奪えていない。トルコ代表は、9月10日にアウェイゲームでスウェーデンに3-2で勝利しており、ゴールの喜びを味わった。最後のゴールは、90分にエムレ・アクババが決めたものだ。

■試合経過

1分 ハカン・チャルハンオールのパスにペナルティエリア外にいたジェンギズ・ウンデルがシュート、GKオルセンはボールをセーブし、コーナーキックになった。
7分 ペナルティエリア外でボールを持っていたハカン・チャルハンオールが左サイドからゴールへキック、ボールは僅かな差でアウト。
26分 ジェンギズ・ウンデルがのパスに反応したユヌス・マッルがGKオルセンと相対し、そのままのポジションからシュート、ボールは外れた。
44分 ジェンキ・トスンがペナルティエリア内でハカン・チャルハンオールへボールをまわした。ハカンはすぐにシュートしたが、GKオルセンはボールに反応しゴールを許さなかった。
56分 ラスティグがボールを右サイドからペナルティエリアへ運び、上がっていたクラエソンがキック、GKシナン・ボラトが止める。
70分 ペナルティエリア内で、オカイ・ヨクシュルがベリと競り合った結果、審判イストヴァン・コヴァクスがPKと判。
71分 アウェイのスウェーデンが先制。グランクヴィストが放ったPKはネットの上をゆらした: 0-1
73分 ボールを奪い合っていたジェンギズ・ウンデルは、ペナルティエリアへ素早く入り鋭いシュート、GKオルセンがセーブし、コーナーキックになった。

トルコ: 0-スウェーデン: 1
スタジアム: コンヤ広域市

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:甲斐さゆみ)
(記事ID:45766)