干ばつ被害、トルコ中部の湖水地方が失われる!
2018年11月21日付 Yeni Safak紙


干ばつによって赤信号が出ている湖水地方は、その名前に見合わなくなりつつある。緊急の対策を取る必要があると主張する専門家たちは「このままいくと湖が新たにつくられる地図からなくなるだろう」と警告した。

トルコでたくさんの湖が集まっていることから「湖水地方」として知られている地域の湖のうちのいくつかが干上がり、他のいくつかの湖も干上がり始めた。地球物理学エンジニア協会アンタリア支部の副支部長であるアタカン・ユクル氏は地図で湖水地方を示す青い点々の多くが新たに印刷される地図ではなくなっているであろうことを述べた。

トルコ南部、特にブルドゥル、ウスパルタ、アンタリア、アフヨンカラヒサル、そしてコンヤ南部に集中している湖によってつけられた湖水地方という名称が、消滅の危機に瀕している。

ベイシェヒル、エーイルディル、アクシェヒル、ブルドゥル、エベル、アジュギョル、スーラ、ウルグン、ウシュクル、サルダそしてコヴァダのように大小様々な湖を有している湖水地方において水がなくなる、あるいは日に日に干上がっていく湖が問題となっている。

研究者たちは頻繁にブルドゥル湖がなくなっていることを述べながら、湖の残りの部分を保護するために呼びかけを行っている。

ナスレッティンホジャが「気に入るかも知れない」と言いながら、ヨーグルトの酵母を投げ入れたという物語があるアクシェヒル湖の重要な部分も失われた。湖のあったところを車で見て回れるほどの部分が完全に干上がった。

■エーイルディルとサルダで水が減少している

トルコで2番目に大きな軟水湖という特徴を持ち、戦略的に最も重要な飲料水であるエーイルディル湖の水位に起こった減少は研究者達を困惑させた。「トルコのモルディヴ」と呼ばれていたブルドゥルのサルダ湖は汚染の危機に直面している。近年、観光客達に人気の観光スポットのサルダ湖の汚染が続いていることで湖のいくつかの特徴が失われると言われている。

■「対策の段階は過ぎた、緊急の活動計画を実行しなければならない。」

地球物理学エンジニア協会アンタリア支部の副支部長であるアタカン・ユクル氏はトルコは水源が豊富な国であったが、この状況が議論される状況へと変わったと述べた。20年前の資料で、トルコで「干上がり始める水源があるだろう」ということが強調されていると述べるユクル氏は「現在、本当にそのようになった。残念なことに干上がっている、そして干上がり始めている湖がある。水がほんのわずかに流れている川もある。「対策を講じなければ」という文は使うことはできない。なぜなら対策の段階はもう過ぎている。緊急の活動計画を実行に移し、解決なければならない。これらも行われなければ残りの水も完全になくなってしまうだろう。」と言った。

■危機に直面するコンヤ

川から引いた水で無計画に作られた池が、湖が干上がる原因であることを指摘するアタカン・ユクル氏は違法な掘削作業が大きな割合で干ばつの原因となっていると述べた。ユクル氏は「トルコではとても多くの違法な掘削が行われている。現在、コンヤでは大きな陥没や地滑りが起きている。残念なことにこれらはコンヤの町の中心へとまっすぐ伸びている。無意識に行われた掘削によって地下の水が減り、地中に空洞が生じている。これはサッカー場ほどの大きさの地滑りが起こりうる兆候である。掘削機が傷まないようにと、農夫たちは冬ですら掘削を行っている。このように軟水の水源が干上がっている。違法掘削の対策が必要である。地球物理学的調査が行われる必要がある。湖を豊かにしている川から水を引いて池を作らない必要がある。もしこれらを行うことが出来たら、いくつかの湖を救うことが出来るだろうと話した。

■名前だけ残る

地図に湖水地方を示す青い点の大部分が新たに発刊される地図から消えてしまうだろうことを述べたユクル氏は以下のように言った。

ユクル氏は「湖水地方の名前だけが残った。いくつかが干上がり始めている時にはいくつかは失われていた。湖は完全に干上がれば地域での生活は失われるだろう。我々が軟水の水源を汚染する限り、自然の喪失は避けられないだろう。世界で起きる水不足はあらゆる貧困を引き起こすだろう。水を巡る戦争へと直進し始めた。」と述べた。そして子供たちが将来地域へなぜ湖水地方という名前が付けられたのか尋ねることを述べたアタカン・ユクル氏は「なぜならそこには湖が残っていなかった。ブルドゥル湖は完全に干上がっていたから。サルダ湖とエーイルディル湖においてとても深刻な水の減少がある。現地の研究者として問題解決のために責任をもって取り組む用意はあります。水の減少地点や、生じたカルスト地形の穴を特定し、これらの境界を明らかにする必要がある。地球温暖化による水の減少もある。降水が多い季節に以前は雪が降っていた地域では雪が降っていない。」と話した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:村田七海)
(記事ID:45783)