米トランプ大統領、ギュレン送還に言及
2018年12月16日付 Cumhuriyet紙

メヴリュト・チャヴシュオール外相は、アメリカのドナルド・トランプ大統領がエルドアン大統領へ「ギュレンとそのメンバーの国外送還に努める」と言ったと述べた。また、「もし今回の選挙でアサドが選出されたら、彼らと協力しますか?」と問われたチャヴシュオール外相は、「もし民主的で信頼のおける公正な選挙が行われれば、そのときは誰であれその結果を尊重しなければならなくなるかもしれない」と答えた。

メヴリュト・チャヴシュオール外相は、カタールのドーハで行われた国際会議で話をした。チャヴシュオール外相は、会見でフェトフッラー・ギュレンとシリア問題に言及した。チャヴシュオール外相は、アメリカのドナルド・トランプ大統領がアルゼンチンでのG20首脳会合で、レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領へ‘ギュレンとその他のメンバー’の送還問題に努めると話したと述べた。
 同時にチャヴシュオール外相は、ギュレン派組織がどのように脱税したかについてFBIが信頼のおける捜査を行っていると述べた。

■「アサドが勝ったら……」

チャヴシュオール外相は、シリア問題に関して「もし今回の選挙でアサドが選出されたら、彼らと協力しますか?」というハドレイ・ガンブレの質問に対して「もし、民主的で信頼のおける公正な選挙が行われれば、のときは誰であれその結果を尊重しなければならなくなるかもしれない」と述べた。またチャヴシュオール外相は、トランプ大統領がアメリカ軍をシリアから撤退させることにコメントしたということも付け加えた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:甲斐さゆみ)
(記事ID:45928)