アヤソフィアで撮影のバレー写真、なぜ?
2019年01月06日付 Hurriyet紙


アヤソフィア博物館でバレエのポーズをとっている女性の写真がソーシャルメディア上で拡散していることについて、調査が始まった。

 アヤソフィア博物館のTwitterアカウントから、博物館の中で撮られ、ソーシャルメディアで拡散されたバレエの写真に関して発表があった。
 
 発表では次のように述べられた。
「適用法令に基づき、博物館では、旅行会社からの要請があれば夜の時間帯の特別オープンを実施している。そして2019年1月5日に実施された夜のオープン時、来館したある女性が博物館内でバレエのポーズの一つである“スパガト”のポーズをとり、他の客がその写真を撮ったものだ。この問題は、SNS上で反響を呼んでいる。我々は、この問題について必要な調査を始めた。」

文化観光省のTwitter公式アカウントでは、博物館の発表がリツイートされた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:甲斐さゆみ)
(記事ID:46043)