トルコ海軍のアデン湾派遣法案、1年延長
2019年02月06日付 Cumhuriyet紙


アデン湾、ソマリア沿岸とソマリア沖、アラビア海と周辺地域におけるトルコ海軍の任期がさらに1年延長された。

トルコ大国民議会総会において、アデン湾、ソマリア沿岸とソマリア沖、アラビア海と周辺地域で任務に就くトルコ海軍の任期について、大統領府に1年間の権限を付与する法案の審議が終了した。総会では、武力行使権限の承認が1年間、延長された。

大統領府の許可書によりトルコ海軍が配置されることで、海域を通行するトルコ国旗を掲げたトルコに属する貿易船を効果的に保護し、海賊行為や略奪行為、海上テロに対する国際的な防衛戦に積極的に関与すること、そしてこれらの地域への人道支援活動に寄与することが目指される。

トルコ艦隊は、ソマリア海賊との闘争のため、2009年2月にその地域に派遣されている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:瀬戸慈弘)
(記事ID:46254)