アランヤ海岸、魚が大量死
2019年02月23日付 Hurriyet紙


アンタルヤ県のアランヤ郡で大量の魚の死体が海岸で発見された。恐怖を引き起こした魚の死に関する調査が始められた。

アランヤのガリプ・デレ海水浴場に、昨日深夜に打ち上げられたと推測される大量の魚の死体を釣り人や地元の人々は目にして、衝撃を受けた。海岸にいた人々はその状況をアランヤ郡農林局に通報した。

通報を聞きつけて海岸に来た当局は、魚からサンプルを採取し、調査のために研究室へ持って行った。関係者が行った最初の調査では、魚の大量死は何らかの中毒によるものではないと明らかにされた。

説明では、沖で漁船の網にかかって死んだと推測される魚を、アランヤ市役所清掃局の人員らは海岸から除くために始動した。

清掃員らは、海岸で回収した魚をごみ袋に入れて持ち帰った。海岸部にまで死んだ大量の魚が打ち上げられているのが目撃された。事件に関する大規模な調査が開始された。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:川田知果)
(記事ID:46349)