独ターゲットの詐欺商法、摘発ーデニズリ、アダナ
2019年03月08日付 Cumhuriyet紙

デニズリを中心にイスタンブル、アダナ、アンカラ、イズミル、アフヨンカラヒサルの各県で行われた当局の手入れにおいて、ドイツ人をターゲットにした詐欺目的で設置されたコールセンターが特定された。

容疑者らはデニズリとアダナに設置したコールセンターから電話をかけ、繋がったドイツ人に「あなたはトルコで賞金を獲得しました」、「自動車を獲得しました」などと言ってこの賞金や自動車を受け取るための「税金」という名目で金銭を要求し、騙し取ったとされている。75人が逮捕され、その内5人が勾留されており、中でも犯罪組織のリーダーであると見られるE.Bは、ドイツで30万人が詐欺の被害に遭ったとしてヨーロッパで捜索されていたという。

容疑者らは30万人のドイツ人に詐欺行為を行い、150万ユーロをだまし取ったと報じられている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:伊藤梓子)
(記事ID:46421)