ユルドゥルム市長候補「イスタンブルの泉亭に水とWifiを提供」
2019年03月24日付 Hurriyet紙


公正発展党でイスタンブル広域市長候補、ビナリ・ユルドゥルム氏はイスタンブルの歴史的価値とテクノロジーを結び付けるとし、これによってイスタンブルのすべての歴史的泉亭から水とインターネットが供給されると述べた。

ビナリ・ユルドゥルム氏の文書声明ではイスタンブルの征服と共に都市の水需要を満たす目的で建設が始まり、また時と共に建築やカリグラフィー文化における独自の作品となった歴史的泉亭で水とインターネットが供給されることが述べられた。

■声明の続きは以下の通り

「世界で名高い文化と文明都市のひとつであり、その歴史的遺産により毎年多くの旅行客を感動させてきた一大都市イスタンブルで、とりわけオスマン朝の歴史と文化を長い間担ってきた歴史的泉亭は再び利用可能となり、発展したテクノロジーにより無料の無線インターネット環境が整えられる。

トルコとイスラム社会で衛生と飲料水の需要を満たすという目的で建てられ、イスタンブルの歴史の語り手である937の泉亭はこのようにして蘇った。同時に技術インフラの整備によって改装される泉では無料の無線インターネット環境が整えられる。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:小林佑輔)
(記事ID:46489)