気象警報、この3日間で12州に洪水の恐れ
2019年03月25日付 Hamshahri紙


 イラン気象庁は本日ファルヴァルディーン月5日月曜日[西暦2019年3月25日]の予報で、この3日間12州で豪雨の恐れがあると報じた。

 ファールス通信によれば、気象庁はイラン暦1398年1月5日(月)[西暦2019年3月25日]氾濫危険水位(レベル4)に引き上げた。

 イラン中西部で発達した雨雲が、今日の午後から火曜日にかけて、中部および北東部に到達すると予想される。水曜日には、この雨雲が西部と中部地域を通過し、北東部と、東部及び南東部の一部で活動が活発になる。これに基づき、この雨雲の影響下にある地域の気象状況は以下のように予想される。

2019年3月25日(月)
 時に雷や強風を伴う集中豪雨、洪水・氾濫、山間部での降雪や路面凍結:フーゼスターン州、ブーシェフル州、イーラーム州、ケルマンシャー州、コルデスターン州、ロレスターン州、コフギールーイェ・ブーイェル=アフマド州、チャハールマハール・バフティヤーリー州、ファールス州、エスファハーン州、ヤズド州西部、ゴム州南部。

 大雨および山間部での積雪、路面凍結や通行止め:マルキャズィー州、ハマダーン州、西アーゼルバーイジャーン州、東アーゼルバーイジャーン州、ザンジャーン州、アルダビール州。ガズヴィーン州、アルボルズ州、テヘラン州、セムナーン州のアルボルズ山脈の標高の高い地域。

 一般道路が冠水する恐れのある大雨、山間部での降雪や路面凍結:ギーラーン州、マーザンダラーン州、ゴレスターン州。

2019年3月26日(火)
 集中豪雨と雷を伴う大雨、洪水・河川の氾濫:フーゼスターン州、イーラーム州、ケルマンシャー州、ロレスターン州、コフギールーイェ・ブーイェル=アフマド州、チャハールマハール・バフティヤーリー州、ブーシェフル州、ファールス州、エスファハーン州。

 洪水の恐れを伴う集中豪雨、雷、暴風:ヤズド州西部、ケルマーン州西部、ゴム州、セムナーン州、北ホラーサーン州、ホラサーン・ラザヴィー州北部、ガズヴィーン州、アルボルズ州、テヘラン州東部。ザクロス山脈やアルボルズ山脈の山間部及び標高の高い場所では降雪や大雨の恐れ。

2019年3月27日(水)
 集中豪雨と雷を伴う大雨、洪水・河川氾濫:北ホラーサーン州、ホルモズガーン州西部、ペルシア湾の各島。

 したがって国民の皆様には気象情報や警報に注意を払い、旅行中に必要な場合は身の安全を心掛け、冬用の完全装備を用意し、川の近くや、洪水の恐れのある地域には立ち入らないことを勧める。

 また関係機関には、予想される被害を最小に抑えるための必要な措置と、ノウルーズ旅行者の安全を確保するよう願う。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:KM)
(記事ID:46495)