輸出車の5分の1は、サカリヤ製
2019年03月26日付 Hurriyet紙


トルコの自動車輸出の19.6%を占め、2月に重要な海外貿易を実現しているサカリヤは、生産した23,562台の自動車のうち20,952台を輸出した。

トルコの自動車輸出の19.6%を占め、2月に生産した23,562台の自動車の約89%を海外へ販売し、世界へ「サカリヤ製」を広めているサカリヤは、自動車輸出を伸ばし続けている。

イスタンブル、コジャエリ、イズミル、アンカラ、ガーズィアンテプの後に、輸出ランキングで7位にランクインしたサカリヤは、主に自動車と鉄と鉄以外の金属、エアコン、化学物質、化学製品によって機械類及び部品部門の生産及び輸出額で今月4億4297万2千ドルの貢献をした。

先月、トルコの合計輸出額の3%を占めたサカリヤで、最も多い輸出額は、4億998万ドルで自動車業界で実現された。
自動車産業協会(OSD)の情報によると、トルコで2月に生産された12万1108台の自動車のうち、10万6882台が輸出され、この円グラフの19.6%の大きな部分を占めるサカリヤは、生産した2万3562台の自動車の約89%に値する2万952台を世界に販売した。

昨年の同じ期間に比べると、海外貿易におけるシェアの10%を増加させたサカリヤは、世界に「サカリヤ製」を浸透させ続けている。

■1日で841台の自動車が生産された

トヨタ、オトカル、トルコトラクターのようなメーカーがあるサカリヤでは、2月に2万1927台の車と62台の中型バス、57台のバス、3台のトラック、1513台のトラクターの合計2万3562台の自動車を生産した。

これによると、この期間で、トルコにおける合計自動車生産量の19.4%を占めるこの都市では1日に841台が生産された。

サカリヤにある工場の生産と輸出において、トヨタが首位を保っている一方で、トルコトラクターが2位、オトカルが3位にランクインしている。

国の一流の自動車工場から、トヨタが、2月にアリフィエにある工場で2万1927台の自動車を生産した一方、オトカルは62台の中型バス、57台のバス、3台のトラックを生産した。

アリフィイェ郡で設立された工場で、乗用車タイプでカローラ、トヨタC-HRと新世代のカローラハイブリッドモデルを生産したトヨタは、生産の約90%に値する1万9789台を輸出した。 

トヨタは、今年サカリヤで生産を始めた新世代のカローラハイブリッドモデルによって、新しい記録を作ることを目的としている。

■オトカルからの輸出が増加している

トルコの先駆的な防衛産業の会社のうちのひとつであるオトカルは、今年2月にバス、中型バス、トラックをはじめとする合計122台の自動車を生産した。
昨年2月期に、40台の自動車を輸出したオトカルは、今年44%を増加させ、90台の自動車を海外に販売した。

トルコトラクターは、2月に生産した1513台のトラクターのうち1073台を輸出し、国の経済へ重要な割合で貢献した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岩井美咲)
(記事ID:46496)