ハッキャーリで雪、飛行機便キャンセル
2019年03月26日付 Hurriyet紙

ハッキャーリ県ユクセコヴァ郡で大雪のため、飛行機の運航が中止された。

同郡では大雪のため、セラハッディン・エイユービ空港で飛行機の運航ができなかった。

滑走路自体は、除雪チームが国家空港管理局から送られてきた特殊装備の機械を使って除雪し、いつでも使える状態だ。
滑走路の作業は、除雪ショベルカー5台、ロータリー除雪車3台とグレーダー2台で行われた。

大雪が続いている郡の一部の地域では、積雪量が1メートルを超えた。地方自治体は、道を開けるために除雪作業を続けている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:鈴木 唯)
(記事ID:46498)