アンカラに4月の雪
2019年04月20日付 Cumhuriyet紙


アンカラとブルサで4月に雪が降った。

アンカラで勢力をふるっている寒気の影響で、ギョルバシュ区で雪のサプライズが発生した。同区では昼頃に雪が降り始め、約45分続き、そのため民家の屋根や木々は白く覆われた。寒気は街にもう少し長く続くとの予報が出された。 

◼︎イズニクでも降雪

ブルサ県イズニク郡で雪が降った。降雪は昼頃に始まり高地で勢力をふるい続けている。
寒気が多くの地域で勢力をふるっているなかで、ブルサ県イズニク郡に20日昼ごろ雪が降った。ギュルミュズリュ街区、エルマル街区、チャンダルル街区、クトゥルジャ街区での降雪の影響で、短い間民家や自動車が白く覆われた。イズニクの住民たちは4月の積雪に驚きつつ、チャンダルル街区で子どもたちは雪合戦を大いに楽しんだ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:伊藤梓子)
(記事ID:46664)