スリランカ・テロ、トルコ人2名犠牲に
2019年04月21日付 Hurriyet紙


スリランカ警察は、首都コロンボとネゴンボ、バティカロアの各都市にあるホテル3か所と教会3か所を標的としたテロの後、首都コロンボ近郊の都市デヒワラの動物園近くにあるホテルを標的とした新たな爆発がさらに起こったと発表した。新たなテロによって、第1報によると、2人が亡くなった。7回目の爆発の後、首都コロンボでホテルを標的とした新たな爆発がさらに起こったことが発表された。教会とホテルを標的としたこれらの襲撃による死者は207人に上った。これらのテロ攻撃でトルコ人2人が命を落とした。亡くなったトルコ人の名前は、セルハン・セルチュク・ナリジさんとイイト・アリ・チャヴシュさんだという。テロ攻撃と関連があるとして、容疑者7人が拘束された。

スリランカの首都コロンボと、ネゴンボ、バティカロアの各都市にあるホテル3か所と教会3か所に現地時間8時45分に同時爆破テロが発生した。これらの襲撃によって、207人が命を落とし、500人以上が負傷した。合わせて6回となった襲撃の後、スリランカ警察は、同国の都市デヒワラにある動物園近くのホテルを標的とした新たな爆発が起こったと発表した。新たなテロによって、第1報によると、2人が亡くなった。

7回目の爆発の後、首都コロンボのオルーゴダワッタ地区で新たな爆発がさらに起こったことが発表された。

一方、スリランカ国防大臣は、即座に外出禁止令を発令した。ソーシャルメディアネットワークとメッセージサービスへのアクセスが制限された。テロと関連があるとして、容疑者7人が拘束された。

■トルコ人2人が死亡

メヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、スリランカでのテロで亡くなったトルコ人の名前を公表した。

 Mevlüt Çavuşoğlu @MevlutCavusoglu
 スリランカでの卑劣な襲撃で、我々は残念ながらトルコ国民であるセルハン・セルチュク・ナリジさんとイイト・アリ・チャヴシュさんを失った。亡くなったわが国民に神の慈悲を、彼らのご家族にお見舞いを申し上げる。我々はご家族と連絡をとっている。彼らの遺体が我が国へ早急に搬送されるようにする。
 9:08 PM - Apr 21, 2019

チャヴシュオール外相は、ソーシャルメディア、ツイッターのアカウントで情報を共有し、「我々は残念ながらトルコ国民であるセルハン・セルチュク・ナリジさんとイイト・アリ・チャヴシュさんを失った」と述べた。

チャヴシュオール大臣は、亡くなったトルコ国民の冥福と家族への見舞いを述べ、「ご家族と 連絡をとっている。彼らの遺体が我が国へ早急に搬送されるようにする」と述べた。

 Azzam Ameen @AzzamAmeen
 2 dead in an explosion took place inside a small hotel in Dehiwela
 5:56 PM - Apr 21, 2019

■外務省からスリランカ滞在中のトルコ人に通知

外務省は、スリランカに滞在中のトルコ国民のために、以下の通知を行った。

「スリランカで発生したテロ事件によって影響を受けた、または同国に滞在中の近親者から連絡がないトルコ国民は、在コロンボ大使館(電話番号+94 (76) 766 7339 )または外務省領事館コールセンター(電話番号+90 (312) 292 29 29)までお電話を。スリランカ滞在中のトルコ国民は、現地治安部隊および在コロンボ大使館の発表に注意するよう、特にお願いいたします。」

 T.C. Dışişleri Bakanlığı @TC_Disisleri(トルコ外務省)
 スリランカで発生した爆発事件、緊急通知、2019年4月21日
 http://www.mfa.gov.tr/srilanka-da-meydana-gelen-patlamalar-acil-duyuru-21-4-2019.tr.mfa
 9:37 PM - Apr 21, 2019

テロの後、多くの人が献血のため病院へ走った。

 Anish G@ Anishg86
 Long queues outside blood banks for donating blood to victims in #Colombo. United in crisis. #SriLanka #srilankablasts #SrilankaTerrorAttack
Let's rebuild #SriLanka again.
 6:34 PM - Apr 21, 2019

■日曜礼拝を標的に

午前中に実行された爆破テロは、首都コロンボの聖アンソニー教会、5つ星のシャングリラホテル、シナモン・グランドホテル、キングスバリーホテル、ネゴンボの聖セバスチャン教会とバティカロアのザイオン教会を標的に行われた。

日曜礼拝がイースターと重なったため、教会は通常より混雑していたという。スリランカ警察は、爆発が自爆テロである可能性があると発表した。

多数の負傷者が出たため、市民に献血が呼びかけられた。一方、テロの前に、警察が同国のイースターの日曜日を標的とする可能性のあるテロが行われうることについて、10日前から警告を行っていたことが明らかになった。

今回のテロのうち、少なくともうち2件は自爆テロであると見られ、テロの犯人は未だ明らかになっていない。

■スリランカの政治家らから発表

スリランカのマイトリーパーラ・シリセーナ大統領は、爆発にショックを受けていると述べ、平静を呼びかけた。

スリランカのラニル・ウィクラマシンハ首相は、ツイッターアカウントで、「今日の我が国の市民を標的とした卑劣な攻撃を強く非難する。すべてのスリランカ国民へ、この悲劇の時に連帯し力強く留まることを呼びかけている。どうか不正確な情報や憶測を広めないようにしてください。政府はこの事件を封じ込めるため緊急の対策をとっています」とのツイートを共有し、安全保障委員会を緊急招集した。

 Ranil Wickremesinghe @RW_UNP
 I strongly condemn the cowardly attacks on our people today. I call upon all Sri Lankans during this tragic time to remain united and strong. Please avoid propagating unverified reports and speculation. The government is taking immediate steps to contain this situation.
 3:46 PM - Apr 21, 2019

スリランカのマンガラ・サマラウェラ財務大臣は、ツイッターアカウントで発表を行い、「イースターの日曜日の教会とホテルを狙い、多くの罪のない人々を死亡させたこの爆破テロは、虐殺である。パニックと混乱を生み出すため十分に計画されたように見える。民主主義を、自由主義を、そして経済的安定を大切にする皆はこの凶悪な試みを打ち負かすために結集せねばならない」とツイートした。

 Mangala Samaraweera @MangalaLK
 Easter Sunday bomb blasts in churches & hotels, killing many innocent people seems to be a well coordinated attempt to create murder,mayhem & anarchy.All those who cherish democracy,freedom & economic prosperity must unite now with nerves of steel to defeat this heinous attempt.
 2:19 PM - Apr 21, 2019

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:永山明子)
(記事ID:46669)