ウクライナ大統領選勝利のゼリンスキー、当選直後にトルコへの旅
2019年04月26日付 Hurriyet紙


ウクライナ共和国大統領選挙に勝利したヴォロディーミル・ゼレンスキー氏が、休暇のためにトルコを来訪した。

ウクライナのヴォロディーミル・ゼレンスキー新大統領は、選挙での勝利の後、休暇のためにムーラ県のボドルム市を来訪した。

大統領選挙に勝利したゼレンスキー氏は、ギュヴェルジンリキ区にある五ツ星ホテルに落ち着き、休暇に入った。

ゼレンスキー氏が滞在するホテルの周囲では、医療チームとともに護衛車が待機しているのが目撃された。

ゼレンスキー氏は、ソーシャルメディアのアカウントで、「真っ白になってリフレッシュすることで意見が一致しました、つまりこういうことです。トルコへ行きます。子供達を年一回のお楽しみに連れて行きます」とコメントした。

ゼレンスキー氏は4ヶ月ぶりに週末の休みを取ることになると明かし、ウクライナへは2日後に戻ると知らせた。

ウクライナで行われた共和国大統領選挙は2回目の投票でコメディアンのヴォロディーミル・ゼレンスキー氏が73.22%の得票で選挙に勝利し、対立候補で現職のペトロ・ポロシェンコ共和国大統領は24.45%の得票にとどまった。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:宮崎友裕)
(記事ID:46693)