ネムルート山登山、有料化
2019年05月14日付 Cumhuriyet紙


世界8番目の不思議と言われるネムルート山への入場が有料化された。

文化観光省流動資本事業本部は、UNESCOの世界文化遺産リストに名を連ねるネムルート山の入場料を発表した。
ネムルート山の入場料は一人あたり20リラで、これに輸送費が5リラかかり、合計25リラと定められた。

(アドゥヤマン県)文化観光局局長のムスタファ・エキンジ氏は、「以前は自然保護と、国立公園局によって行われたオークションにより、ネムルート山への入場は有料だったが、近年は無料としていた。しかし、その後ネムルート山が国立公園であり、遺跡でもあることから、入場料をどの組織が徴収するのかが取り決められ、文化観光省の流動資本事業部が任命された。今後は、来訪した国内外の観光客は輸送費込で25リラを支払う。この他、ペッレ古代都市にでも6リラの入場料が発生する」と話した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:西山みなみ)
(記事ID:46780)