香川、ガラタサライへ?
2019年05月24日付 Hurriyet紙

来シーズンのチャンピオンズリーグで、万全の体制で戦いたいガラタサライでは、多くのスター選手の移籍の話が上がっている。

マルカオ選手及びルインダマ選手の移籍により、ディフェンスが強化されたガラタサライであったが、先のシーズンのチャンピオンズリーグではゴールを奪うのに苦戦した。そのようなことが起こらないために攻撃陣を強化したい考えだ。

一方でチャンピオンズリーグの収入で息をついたガラタサライのドアを交渉人らが叩いている。最近ガラタサライに紹介された選手は騒動を引き起こすものである。

交渉人らがガラタサライへ、ベシクタシュも推薦状を手にしようと計画していたスター選手を紹介していたことが明らかとなった。

ボルシア・ドルトムントからベシクタシュに期限付きで移籍している香川選手を交渉人らが「適切な額」でガラタサライに提示したことが判明したという。

経営陣も提案をガラタサライ監督のテリム氏へ伝えた。偉大な監督は30歳の香川選手に対し、「駄目だ」とは言わず、日本のスターを備忘録へ書き入れた。

ガラタサライ所属の日本人左サイドバックの長友選手の親しい友人であることで知られる香川選手がガラタサライへ大いに近づくことになっている。

また、ガラタサライがチャンピオンズリーグで健闘しようとしていることも香川選手をガラタサライへと近づけている。

先のシーズンではベシクタシュで13試合に出場し、4ゴール、2アシストを決めた香川選手の経歴には、1度のプレミアリーグ、2度のブンデスリーガ優勝がある。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:大畠梨紗子)
(記事ID:46834)