日本人女性、ハイヒールに#KuToo
2019年06月05日付 Hurriyet紙

日本で女性たちは、職場におけるハイヒールの着用義務に対して行動を起こした。

ハリウッドにおけるハラスメントスキャンダルの象徴である「MeToo」に似せた形で、日本の女性たちは、「靴の痛み」という意味の「KuToo」というキャンペーンを通じてこの要望を口にした。活動を率いている石川ゆみ氏は性差別に立ち向かっていると言った。

■大臣はハイヒールを擁護

石川氏がインターネットを通じて開始した職場でのハイヒール着用義務に反対する運動には1万9千近くの署名が集められた。請願は週の初めに厚生労働省に提出された。根本匠厚労相は、昨日の国会委員会で審議された議題に関して「ハイヒール」を擁護するような意見を述べ、反発を受けた。厚労相は「職場での一部の立場では、通念化された社会的な慣習によってハイヒールは必要とされうる」と述べた。労働者の安全衛生は守られるべきであると発言した同大臣は、様々な業務があると述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:村田七海)
(記事ID:46951)