シリア:ロシアはトルコとともに、北西部の緊張緩和地帯全域で政府軍と反体制派を停戦合意させたと発表、反体制派はこれを否定
2019年06月13日付 その他紙


■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから711人、ヨルダンから632人の難民が帰国、避難民0人が帰宅(2019年6月12日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(6月12日付)を公開し、6月11日に難民1,038人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは711人(うち女性213人、子供3 ... → 記事

■米占領地に面するヨルダン国境地帯のルクバーン・キャンプからシリア難民数十世帯が新たに帰還(2019年6月12日)
SANA(6月12日付)によると、米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)に面するヨルダン北東部のルクバーン・キャンプに身を寄せていたシリア難民数十世帯が、新たにスフナ市南部 ... → 記事

■シリア・ロシア軍がイドリブ県、ハマー県への爆撃を続け民間人7人が死亡(2019年6月12日)
シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから43日目となる6月12日も、シリ ... → 記事

■トルコ占領下のアフリーン市(アレッポ県)で爆弾が仕掛けられた車が爆発し1人が死亡する一方、国民軍はシリア軍工作員6人を同市で拘束(2019年6月12日)
アレッポ県では、ANHA(6月12日付)によると、トルコの占領下にあるアフリーン市中心街のフィーラート通りで車が爆発し、トルコの支援を受ける反体制武装集団の戦闘員1人が死亡、複数人が負傷した。 爆発したのは武装集団の車 ... → 記事

■YPG主体のシリア民主軍はダイル・ザウル県でダーイシュのスリーパー・セルを摘発(2019年6月12日)
ダイル・ザウル県では、ANHA(6月12日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がジャルズィー村でダーイシュ(イスラーム国)のスリーパー・セルを摘発、武器・弾薬などを押収した。 → 記事

■イスラエル軍はダルアー県にあるシリア軍拠点をミサイル攻撃、シリア軍はこれを迎撃(2019年6月12日)
SANA(6月12日付)は、軍情報筋の話として、シリア軍防空部隊がダルアー県ハーッラ丘に対するイスラエル軍のミサイル攻撃を迎撃、ミサイル多数を撃破したと伝えた。 このミサイル攻撃によって物的被害が出たが、死傷者はなかった ... → 記事

■ロシアはトルコとともに、シリア北西部の緊張緩和地帯全域でシリア軍と反体制派を停戦合意させたと発表、反体制派はこれを否定(2019年6月12日)
ラタキア県フマイミーム航空基地に本部を構えるロシア当事者和解調整センターは、ロシアとトルコの後援のもと、イドリブ県を中心とする反体制派支配地域(緊張緩和地帯第1ゾーン)で戦闘を続けるシリア軍と反体制武装集団が停戦に合意し ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:46966)