エーゲ海問題、ギリシャ・トルコ会談へ
2019年06月16日付 Hurriyet紙

エーゲ海の緊張緩和と事故頻度を引き下げる目的で行われる、トルコとギリシャの国防大臣代表団同士の会談の第2ラウンドが、明日アンカラで始まる。

ギリシャ代表団をディミトリス・カヴラコス海軍少将が率いる。先月にアテネで成功裏に終わった会談第一ラウンドの際には、ギリシャ代表団はニコス・ザハリアディス中将が率いていた。しかし、ザハリアディス中将は、ギリシャは7月7日総選挙期間中であり、新政権樹立まで会談は延期されるべきであるという理由でアンカラ訪問を拒否した。この件で、ギリシャ国防相エヴァンゲロス・アポストラキス大臣と言い争ったザハリアディス中将は辞任。ギリシャ代表団では1名は准将、もう一人は大佐の、2名も変更された。アテネでの会談中では、両国が、それぞれの見解と、緊張緩和の方策についての提案がなされた。アンカラでは、この提案に回答を得ることが期待されている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:46980)