HDP、投票の選挙民の交通費負担
2019年06月19日付 Cumhuriyet紙

HDP(人民の民主主義党)は、地方都市から投票のためにイスタンブルへ来る有権者の交通費を負担することを決定した。

メソポタミア通信社に掲載されたニュースによれば、キャンペーンに関して話したHDPディヤルバクル支部のエディプ・ビンビル氏は、党の3月31日選挙の方針が6月23日の再選挙にも適用され、イスタンブルに住民票が登録されている全てのHDP支持者の投票のために働いていると述べた。

ビンビル氏は、このなかで、ラマザン休暇と夏休暇を理由に、ディヤルバクルへ来ているイスタンブルに住民票が登録されている有権者に、日曜日に行われる選挙での投票を求めた。

党の決定により、地方都市から投票のためにイスタンブルへ行く有権者の交通費を負担することを明らかにしたビンビル氏は、このために有権者はHDP県・郡組織へ申請しなければならないことを述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:森彩音)
(記事ID:46998)