トルコドラマ:Blu TVの人気配信ドラマ『ベフザトÇ.』から待望の予告編が到着!
2019年06月05日付 Cumhuriyet紙


Blu TV(ドアン・ホールディング傘下で2017年に開局したインターネット動画配信サービス。若者を中心に大きな人気を誇っている)において幾度もシリーズが放送された大人気ドラマ『ベフザトÇ.』の新シリーズから予告編が到着した。


2010-2013年の間に放送され幅広い視聴者層にアピールをしたベフザトÇ.はBlu TVへの帰還の準備を進めている。ドラマの新シリーズの新たな予告編が公開された。

■メインキャストの大半は再びスクリーンに

『ベフザトÇ』のこのシーズンにおいて、メインキャストの大半は再びスクリーンに登場する。ハヤーレトを演じているイナンチュ・コヌクチュ氏とアクババ氏を演じているベルカン・シャル氏は再びキャストに名前を連ねる。ネジャト・イシュレル氏は再びエルジュメント・チョゼル役を演じる。ギュベン・クラチュ氏も参加し狡猾な蛇のようで派手に立ち振る舞う悪役のメムドゥフを演じる。

■赤のフォルクスワーゲンも登場!

ドラマのキャスト人のその他はというとジャナン・エルギュデル・エジェ、エジェ・アイダン、エライ・エセロール、アイチャ・エレン、アフ・トュルクペンチェ、ケマル・ブラク・アルペル、ヒュセイン・セヴィムリ、ルドゥヴァン・アイバルス・デュゼイ、ギュルシャフ・チョモオール、カーディル・チェリクだ。予告編ではまた、史上最も不吉なフォルクスワーゲンであり「ベフザト・シリーズ」ファンの心をとらえる赤色のフォルクスワーゲンも登場している。


■殺人事件担当局が再び結成される

シリーズのシナリオライターは、以前通りにエルジャン・メフメト・エルデムが担当する予定だ。監督のイスにはセルダル・アカル氏が座る。

予告編を見る限りでは、エルジュメント・チョゼルのベフザトÇ.での仕事はまだ終わってはいないようだ。
退役をし、すっかりその役目を終えたはずの「ベフザトÇ.」は、再び次々に来客が訪れる殺人担当局として、そのミッションを開始する。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:47013)