イスタンブル熱波ー40度
2019年07月10日付 Hurriyet紙

イスタンブルでお昼頃、温度計が40度を示し、暑さにさらされた市民は涼しさを求めてさまざまな方法を試した。

イスタンブルはお昼頃すさまじい暑さにさらされた。気温が上がり続け、温度計は40度を示した。すさまじい暑さにさらされた市民は涼しさを求めてさまざまな方法を試した。日陰に入るものもいれば、市の職員が花に撒くホースの水をかぶったりし涼もうとするものもいた。タクスィム広場では、暑さから観光客までも日傘をさし日差しをしのごうとしていた。

■猛暑は動物にも影響

イスタンブルでお昼頃に40度に達した。暑さの影響を受けたのは人間だけではない。暑さにさらされた動物たちを動物愛護者の市民が助けた。彼らは暑さにさらされている猫や犬が飲めるようにと目の前に水を置いた。

■「すごく暑い。少し涼しくなると思っていたのに。」 

暑さに苦しむある市民は、「すごく暑い。正直少し涼しくなると思っていた。25度〜35度のもとでいるのはとても疲れる。手や顔を洗い少しでも涼もうとした。私は気づいた。本当に水が全てだ。水こそが命だといってもいい。」と話した。 

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:西山みなみ)
(記事ID:47125)