シリア:バーブ・ハワー国境通行所(イドリブ県)はトルコから追放されたシリア難民が先月だけで6,000人に達していると発表
2019年08月05日付 その他紙


■米国務省はイドリブ県での停戦合意を歓迎、トルコとロシアの役割を高く評価(2019年8月4日)
米国務省は声明を出し、シリア軍とシリア軍事革命諸勢力代表団(アスタナ会議に参加する反体制派の代表団)がロシア・トルコの仲介により停戦に合意したことに関して「米国はシリア北西部での停戦発表の知らせを歓迎する。だが、より重要 ... → 記事

■イドリブ県での停戦発効から3日目、シリア軍の砲撃で民間人3人死亡(2019年8月4日)
シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア軍とシリア軍事革命諸勢力代表団(アスタナ会議に参加する反体制派の ... → 記事

■シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市で3度にわたり爆発が発生、市民1人が死亡(2019年8月4日)
ハサカ県では、SANA(8月4日付)によると、シリア政府と北・東シリア自治局の共同統治下にあるハサカ市のムシャイリファ地区と西ヌシューワ地区(いずれも北・東シリア自治局管理地区)でオートバイに仕掛けられた爆弾が相次いで爆 ... → 記事

■トルコ占領下のアレッポ県北部で爆発が発生する一方、トルコ軍と反体制派は北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト市近郊を砲撃(2019年8月4日)
アレッポ県では、ANHA(8月4日付)によると、トルコ占領下のアアザーズ市で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、複数人が死傷した。 これに対して、トルコ軍は北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるタッル・リフアト ... → 記事

■新興のアル=カーイダ系組織はハマー県北部でロシア軍特殊部隊と交戦したと発表(2019年8月4日)
ハマー県では、新興のアル=カーイダ系組織フッラース・ディーン機構、アンサール・ディーン戦線、アンサール・タウヒード、アンサール・イスラーム集団からなる「信者を煽れ」作戦司令室が、ヒルバト・ナークース村一帯にロシア軍特殊部 ... → 記事

■バーブ・ハワー国境通行所はトルコから追放されたシリア難民が先月だけで6,000人に達していると発表(2019年8月4日)
シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構がほぼ全域の軍事・治安権限を掌握するイドリブ県北部に位置するバーブ・ハワー国境通行所は、トルコのイスタンブール県が無登録の難民に8月20日までに県内から退去するよう命じる措 ... → 記事

■ダマスカス郊外県ドゥーマー市、ダルアー県フィキーア村で当局が住民や元戦闘員多数を拘束(2019年8月4日)
ダマスカス郊外県では、サウト・アースィマ(8月4日付)によると、東グータ地方のドゥーマー市タイスィール・ターハー地区で治安当局が多数の若者を拘束、市内の総合情報局に連行した。 拘束された若者のなかには、昨年4月にシリア政 ... → 記事

■イラン・イスラーム革命防衛隊が支援するイラク民兵司令官はダイル・ザウル県ハトラ村への難民、国内避難民の帰宅を拒否(2019年8月4日)
ジュルフ・ニュース(8月4日付)は、複数の現地情報筋の話として、ダイル・ザウル県南東部のハトラ村で活動を続けるイラク人民動員隊の一つで、イラン・イスラーム革命防衛隊の支援を受けるヒズブッラー大隊が同地へのシリア難民、国内 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:47306)