シリア:北・東シリア自治局と政府の共同統治下にあるアレッポ県北部をトルコ軍と反体制武装集団が激しく攻撃、YPG主体のシリア民主軍と交戦
2019年08月07日付 その他紙


■ロシア軍の爆撃で国内避難民3人が、反体制派の砲撃で女性と子供2人が死亡(2019年8月6日)
シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア軍がシリア軍事革命諸勢力代表団(アスタナ会議に参加する反体制派の ... → 記事

■北・東シリア自治局とシリア政府の共同統治下にあるアレッポ県北部をトルコ軍と反体制武装集団が激しく攻撃、YPG主体のシリア民主軍と交戦(2019年8月6日)
アレッポ県では、ANHA(8月6日付)によると、トルコ占領下のシーラーワー村近郊のバースータ村に設置されている国民軍憲兵隊の検問所が攻撃を受け、トルコ軍兵士1人と反体制武装集団戦闘員2人が死亡した。 これを受け、トルコ軍 ... → 記事

■ジェフリー米国務省シリア問題担当特使「アサド政権への外交圧力を通じてシリアからイランを完全に排除する」(2019年8月6日)
米国務省連絡チーム(アラビア語版)はツイッターのアカウントで、ジェームズ・ジェフリー米国務省シリア問題担当特使が、シリアにおける米国の政策転換に関して、「シ ... → 記事

■エスパー米国防長官「シリア北部へのトルコ軍の作戦は受け入れられない…。米国は一方的な侵攻を阻止する」(2019年8月6日)
マーク・エスパー米国防長官は「シリア北部へのトルコ軍の作戦は受け入れられない…。米国は一方的な侵攻を阻止する」と述べた。 ロイター(8月6日付)によると、エスパー国防長官はまた「米国は(人民防衛隊(YPG)主体のシリア民 ... → 記事

■PYD幹部「ロシアは我々が米国を国外に排除するという取引を行ったうえで、トルコの進軍を止めると提案している(2019年8月6日)
『ワシントン・ポスト』(8月6日付)は、ロシアが、シリア北東部へのトルコ軍の侵攻を阻止するため、同地を実効支配する北・東シリア自治局の武装部隊である人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に取引を持ちかけていると伝え、その ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:47312)