シリア:政府軍はシャーム解放機構などとの戦闘の末、ハマー県北部のザカート村、アルバイーン村を制圧
2019年08月08日付 その他紙


■米国防総省監察総監室「米軍がシリアから部分撤退したことで、イラク軍やシリア民主軍への支援が減少した。これらの部隊には長期間ダーイシュと戦う能力はない」(2019年8月6日)
米国防総省監察総監室は、2019年4月1日から6月30日までのダーイシュ(イスラーム国)に対する有志連合の「テロとの戦い」(CJTF-OIR(「生来の決戦作戦」統合任務部隊))の進捗に関する報告書(8月2日付)を米議会に ... → 記事

■米占領地が立ちはだかるルクバーン・キャンプの避難民多数がシリア政府支配地域に新たに機関(2019年8月7日)
SANA(8月7日付)によると、米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)に面するヨルダン北東部のルクバーン・キャンプでの生活を余儀なくされていた避難民数十世帯が、新たにスフナ ... → 記事

■シリア軍はシャーム解放機構などとの戦闘の末、ハマー県北部のザカート村、アルバイーン村を制圧(2019年8月7日)
シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア軍がシリア軍事革命諸勢力代表団(アスタナ会議に参加する反体制派の ... → 記事

■トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の支配下にあるタッル・リフアト市近郊を砲撃(2019年8月7日)
アレッポ県では、ANHA(8月7日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団が、北・東シリア自治局とシリア政府の支配下にあるタッル・リフアト市近郊のマルアナーズ村を砲撃した。 この砲撃に先立って、トルコ軍戦闘 ... → 記事

■カフターニーヤ市(ハサカ県)で女学校を狙った爆発が起き、子供3人が死亡(2019年8月7日)
ハサカ県では、SANA(8月7日付)によると、北・東シリア自治局支配下のカフターニーヤ市(トゥルバ・スィービフ)で車に仕掛けられていた爆弾が爆発し、子供3人を含む民間人多数が死亡した。 ANHA(8月7日付)によると、爆 ... → 記事

■カーミシュリー市(ハサカ県)でイード・アル=アドハーに合わせて自爆テロを計画していたダーイシュの女性メンバー1人逮捕(2019年8月7日)
ハサカ県では、ANHA(8月7日付)によると、北・東シリア自治局ジャズィーラ地方のテロ撲滅部隊が、同自治局とシリア政府の共同統治下にあるカーミシュリー市でイード・アル=アドハーに合わせて自爆テロを計画していたダーイシュ( ... → 記事

■米国とトルコはシリア北東部に安全地帯を設置するための合同作戦センターを立ち上げることで合意(2019年8月7日)
在トルコ米大使館はツイッターのアカウントを通じて声明を出し、8月5日から7日にかけてトルコ国防省で米・トルコ両国の代表団が行ってきたシリア北東部で ... → 記事

■イラク・アンバール県カーイム郡知事「ブーカマール・カーイム国境通行所を9月1日に再開する」(2019年8月7日)
イラクのアンバール県西部のシリア国境に面するユーフラテス川河畔のカーイム郡のアフマド・ジドヤーン知事は、シリアのダイル・ザウル県ブーカマール市とカーイム市を結ぶブーカマール・カーイム国境通行所を9月1日に再開することが決 ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:47317)