ハサンケイフの新住宅、95%完了
2019年08月14日付 Milliyet紙


農業森林省のベキル・パクデミルリ大臣は、国家水道総局によって建設されたウルス・ダムの貯水池に残るハサンケイフ市の再建設におけるタスクが最終段階に来たこと、新居住地のため今日までに5億リラの予算が割り当てられたことを明らかにした。

パクデミルリ大臣は行った書面での発表において、ウルス・ダムの完成とともに水没するバトマン県のハサンケイフ市の新居住地における住宅の建設が完了したことを述べた。完成した710棟が居住権利保有者に受け渡されたことを明らかにしたパクデミルリ大臣は、「加えて建設が完了した貿易センターにおいて、98の職場の鍵を権利保有者に受け渡した。旧ハサンケイフの居住地が500デカールであったのに対して、新居住地は約3km拡張した3000デカールの土地に建設された。緑地がより多くなった新居住地では、郡知事府、地方行政サービスビル、市軍警察司令部、市警察局、バトマン大学観光商業・ホテル業高等学校、25床保有の国立病院など、多くの組織がサービスを開始した。」と述べた。

■地域建築に沿った低層建築

新居住地が地域建築に沿った形で建設されたことも述べたパクデミルリ大臣は、「低層建築が適用された地で、ハサンケイフの人々は築面積30−40平方メートルの家の代わりに、160平方メートルの近代的な平家建て一軒家で快適な生活を続けることができる」と述べた。

ハサンケイフで歴史的作品を展示される文化・教育地地区が構築されることを強調したパクデミルリ大臣は、以下のように述べた。

「工事完了とともに文化省に渡った土地は、地域の歴史的・文化的遺産が展示される大観光地として計画されている。土地には、ゼイネル・ベイ廟を始めとした多くの歴史的作品が移設され、訪問者のために展示された。」

パクデミルリ大臣は、今日までに約5億リラの予算が新居住地の建設費として集合住宅局(TOKİ)に割り当てられたことを述べた。

■年に4億1200万ドルの利益をもたらす

農業森林省によって行われた書面による発表によれば、東南アナトリア計画(GAP)の通景計画と埋立量の観点から、世界で最も大きなダムであるウルス・ダムと水力発電所は、年間平均41億2000万kWhのエネルギーを産出し、電力のみの生産で経済に年間4億1200万ドルの利益をもたらす。国有化、工事、新居住地建設のタスクを想定したところ、約123億リラの投資コストを持つ巨大なプロジェクトは、5年間でこのコストをカバーすることができる可能性を持つ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:森彩音)
(記事ID:47352)