エジプト:天然ガスの生産拡大を狙う
2019年08月21日付 al-Hayat紙

■エジプトが2019年末までに天然ガスの増産を計画

【エジプト:本紙】

エジプトのターリク・ムラー石油・鉱物資源大臣は、ズフル・ガス田における天然ガスの生産能力が1日当たり27億立方フィートに向上したことを発表した。

本日(水曜日、21日)の声明の中で同大臣は、この生産力の向上はガス田開発のスケジュールよりもおよそ4ヵ月前倒しで達成されたと述べた。

エジプトは、イタリア企業であるエニ(ENI)が2015年に発見したズフル・ガス田での1日当たりの生産量を、2019年末までに30億立方フィート以上とすることを狙いとしている。

なお、エニの推測によるとズフル・ガス田の天然ガス埋蔵量は約30兆立方フィートにのぼるという。

ムラー大臣は、ザフル・ガス田の現在の生産量が2017年の12月に最初のガス田生産を開始してからのおよそ2年で8倍となっていると指摘した。

一方で、ペトロベルのアーティフ・ハサン社長は「当社はガス田開発の任務を任されており、2017年12月に第1段階の生産開始を生産マップ(工程表)に書き込むことに成功した。そして、今年の第一四半期中に生産増加段階に突入し、地上プラントに残されていた第5、第6、第7生産ユニットの稼働を終了した。」と述べた。

(後略)

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:藤垣順気)
(記事ID:47401)