シリア:イドリブ県でアル=カーイダ系のシャーム解放機構を支持するデモが行われる一方、シャーム解放機構の退去を求めるデモの参加者はあからさまな脅迫を受ける。「シリア革命」を唱導するサイトはこれを黙殺
2019年09月06日付 その他紙


■前日に続いてイドリブ県、アレッポ県でアサド政権打倒とシャーム解放機構退去を求めるデモ発生。シャーム解放機構はこれを強制排除、「シリア革命」を唱導する一部サイトはこれを報じず(2019年9月2日)
イドリブ県では、スマート・ニュース(9月2日付)、オリエント・ニュース(9月2日付)、イナブ・バラディー(9月3日付)によると、サラーキブ市での前日のデモに呼応するかたちで、マアッラト・ヌウマーン市、アリーハー市、カフル … → 記事

■ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから399人、ヨルダンから1,023人の難民が帰国、避難民3人(うちルクバーン・キャンプからの帰還者0人)が帰宅(2019年9月5日)
ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(9月5日付)を公開し、9月4日に難民1,422人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは399人(うち女性120人、子供204人 ... → 記事

■イドリブ県、ラタキア県で散発的戦闘、ダイル・ザウル県でダーイシュがシリア軍拠点を攻撃(2019年9月5日)
シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が一方的停戦を宣言してから6日目(爆撃を激化させてから ... → 記事

■イドリブ県サルキーン市でシリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構に支持を表明するデモ。シャーム解放機構退去を求めたデモ参加者が脅迫を受ける(2019年9月5日)
イドリブ県では、シリア人権監視団によると、サルキーン市でシリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構に支持を表明するデモが行われた。 デモには、数十人が参加、車に乗ってシャーム解放機構の旗を掲げ、4日晩まで市内を巡回 ... → 記事

■フール・キャンプ(ハサカ県)でダーイシュの勧誘を拒み続けたイラク人青年が撲殺される(2019年9月5日)
ハサカ県では、ANHA(9月5日付)によると、国内避難民(IDPs)、イラク難民、そしてダーイシュ(イスラーム国)メンバーの家族が収容されているフール・キャンプに4日晩、ニカーブを纏ったダーイシュ(イスラーム国)のメンバ ... → 記事

■トルコ・米軍はシリア北東部で3度目となる合同航空偵察を実施(2019年9月5日)
トルコ外務省は声明を出し、米国とともに「安全地帯」設置準備が推し進められているシリア北東部で3度目となる合同航空偵察を実施したと発表した。 偵察はトルコ軍ヘリコプター2機と米軍ヘリコプター2機によって行われた。 → 記事

■イスラエル当局はドゥルーズ派使節団のシリア訪問を禁じる(2019年9月5日)
SANA(9月5日付)などは、イスラエル当局がドゥルーズ派使節団のシリア訪問を禁じたと伝えた。 ドゥルーズ派使節団のシリア訪問は「神聖な義務」を果たすのが目的だが、『イェディオト・アハロノト』(9月5日付)によると、イ ... → 記事

■シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構はロシアとの水面下の交渉、組織解体を否定(2019年9月5日)
シリアのアル=カーイダと目されているシャーム解放機構の軍事委員会メンバーでアブー・フサインを名乗る男性は、メディア関係者との懇談の席上で、ロシアとの水面下での交渉の存在について否定した。 アブー・フサインは「占領国ロシア ... → 記事

■シリア赤新月社の使節団がルクバーン・キャンプに支援物資を搬入(2019年9月5日)
米主導の有志連合の占領下にあるヒムス県南東部のタンフ国境通行所一帯地域(55キロ地帯)に面するヨルダン北東部のルクバーン・キャンプの民政自治局は声明を出し、国連とシリア赤新月社の使節団が、避難民に配給するための支援物資を ... → 記事

■ダマスカス県執行局メンバー:ヤルムーク・キャンプなど旧反体制派支配地域への住民帰還に向けた新たな措置を始動。法律第10号の適用はない(2019年9月5日)
ダマスカス県執行局メンバーのサミール・ジャザーイルリー氏は、2018年半ばまでに解放された県南部および隣接するダマスカス郊外県の旧反体制派・ダーイシュ(イスラーム国)支配地域への住民の帰宅に向けた新たな措置を開始したこと ... → 記事

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
CMEPS-J

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:CMEPS-J)
(記事ID:47481)