高等教育機構統一外国語試験、近づく
2019年10月05日付 Hurriyet紙

今年初めて大学入試センター(ÖSYM)が実施することとなった第7回高等教育機構外国語試験(YÖKDİL)が迫っている。先の数週間で手続きを済ませた受験者たちは試験のための準備を続ける一方、2019年試験の日程を探っている。では試験はいつ行われるのだろうか?試験までに何日残っているのか?

高等教育機構(YÖK)が実施してきた高等教育機構外国語試験(YÖKDİL)は今年秋に初めて大学入試センター(ÖSYM)が実施する。その分野に関する唯一の外国語試験である高等教育機構外国語試験は、説明書によると11月に数千の受験者が参加し、実施される。では2019年の試験日はいつか?試験について関心を向けらえることは。

第7回高等教育機構外国語試験は11月3日に全国で実施される。10時15分に始まる試験は合計で180分続く。受験者は試験結果を試験日から5年間使うことが出来る。

■試験の点数はどこで使える?

試験結果は、高等教育機関とその諸組織とともに、法的に認められたその他の機関や組織によって求められる外国語能力があることを証明するために使うことが出来る。

試験結果は試験日から5年間有効である。

■高等教育機構外国語試験(YÖKDİL)とは?

高等教育機構外国語試験(YÖKDİL)は高等教育機構の指導の下アナドル大学とアンカラ大学合同で実施される。試験問題はアンカラ大学により準備され、試験の運営はアナドル大学が行う。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:小林佑輔)
(記事ID:47730)