EU、リビア問題でトルコ・ロシアに信頼
2020年01月15日付 Hurriyet紙

ジョセップ・ボレル欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表は、ロシアとトルコが現在、リビアについて大変力強い役割を演じていると語った。

ボレル上級代表は、欧州会議のストラスブール総会でリビア危機について発言した。

同上級代表は、リビアの非合法な武装組織リーダーのハリフェ・ハフタルがモスクワから停戦に署名する前に離れたことに言及し、「私は、リビアの停戦が確保されることを保証することができる」と語った。

ボレル上級代表はまた、リビアについてのベルリンプロセスを支持すると述べた。

ボレル上級代表は、「今日のヨーロッパ人は6カ月前より積極的だが、現在、ロシア人とトルコ人がリビアについて大変力強い役割を演じている」と評価し、リビア危機を解決するのは、軍事力ではないと付け加えた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:岸田圭司)
(記事ID:48420)