テヘラン市内の学校が明日閉鎖される|車のナンバーによる交通規制の実施|月曜日も学校は休みになるだろうか?
2019年12月14日付 Hamshahri紙


テヘラン副知事は2019年12月15日土曜日[イラン歴1398年9月(アーザル月)24日日曜日]にフィールーズクーフとダマーヴァンドの二市を除くすべての学校を閉鎖すると報告した。

ISNA通信(イラン学生通信)によると、モハンマド・タギーザーデはテヘラン知事が議長となり開かれた大気汚染緊急委員会の会議で汚染物質の蓄積と空気中の微小粒子状物質に言及して述べた。「テヘラン州のすべての学校は午前組と午後組の両方【訳注:イランでは大学以外男女別教育のため、午前組・午後組に分けられている学校が多くある】とも、フィール―ズクーフとダマーヴァンドの二市を除いて、明日日曜は休校とする。」

同氏は述べた。「砂鉱山におけるすべての作業も明日停止し、トラックの通行も市内全域で禁止とする。同様にスポーツ活動も明日禁止する。」

テヘラン州知事のモフセニー・バンドペイも日曜日は一日中バスと地下鉄のチケットを半額にすると述べた。

同氏は加えた。「同様に明日車のナンバー規制計画【訳注:車のナンバーが奇数か偶数によって通行を規制する計画】が実行されるだろう。」

同州知事はまた、月曜を休みにする決定についても述べた。「月曜を休校にする件については会議を開催せず関連機関・情報機関からの報告のみで決定されるだろう。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:MH)
(記事ID:48491)