モーリタニア:議会でのフランス語使用をめぐり論争(1)
2020年02月05日付 al-Quds al-Arabi紙


■モーリタニア:議会でのフランス語の使用禁止に関する論争

【ヌアクショット:本紙】

モーリタニア国民議会のシャイフ・ウルド・バーイフ議長が昨日、議会でのフランス語の使用を禁止するという決定を下し、モーリタニアの政界で大きな議論を巻き起こした。フランス語に固執しその口語使用を提唱する黒人政治家が同決定を拒否した一方、アラブ主義層はこれを歓迎した。

ウルド・バーイフ議長はこの決定を正当化するため、以下のように強調した。「今日以降、フランス語を使用する必要はない。我々には4つの方言があり、それらによって会話を行う必要がある。すなわち、ハッサーニーヤ方言(モーリタニアのアラブ人が話すアラビア語の方言)、および黒人のその他方言であるウォロフ語、プラール語、ソニンケ語である」。さらに、「ここにはフランス語のための場所はない。我々は、我々の言語、我々の方言を持っているのだ」と付け加えた。

同決定が下されるやいなや、アラブ主義者らはこれを歓迎し始めた。しかし反対勢力であるフランス語圏の政治家は同決定に関し、彼らの意見によると「奇妙な決定」であるとして批判を行った。

(2)に進む

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をMHTファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:塚本梨咲)
(記事ID:48520)