地震のエラズー、学校始業延期2月24日に
2020年02月12日付 Milliyet紙


最新で入ってきた情報によると、エラズーの学校の学期開始日程が2月24日に延期された。

エラズーでの地震が原因で以前2月17日に予定されていた学校の始業日が、教育機関の新たな決定により、2月24日へと延期されたことが知らされた。
1月24日に起きた震度6.8の地震で学校を含む多くの建物が損傷を受けた。地震によって住宅が損壊してしまった人に対しては、トルコ災害緊急事態管理局(AFAD)とトルコ赤新月社により設置された仮設テント、学校、体育館、寮、ゲストハウスが提供された。仮設住宅地が作られること、倒壊の可能性のある学校の生徒たちをその他の学校へと登録することのため、すでに教育機関は2月17日に新学期を開始することを予定していた。しかし、予定が未だ終わらなかったことから教育機関は今年の2学期は2月24日に開始することを知らせた。

県の国民教育局によって行われた説明では、2020年2月17日に予定されていた学校の始業日は2020年2月24日に延期されたと知らされた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:西田 萌)
(記事ID:48538)