全校2週間休校ーセルチュク教育相発表
2020年03月13日付 Hurriyet紙


セルチュク国民教育大臣は、すべての学校が2週間の休校となったことに関して次のように述べた。「この問題は単なる休校などという話ではない。これは地球規模の問題に対してなされねばならない対策の一部である。」そして、「我々はよく挙がる質問のリストを作成した。人々から数多くの質問が我々に届くが、それらすべてへの回答を現在我々のサイトから見ることが出来る。」と話した。

セルチュク国民教育大臣は、生徒や教師、保護者らの安全のためトルコ国内の全校を3月16日月曜日から29日日曜日までの2週間休校にしたことに関して、「この問題は単なる休校などという話ではない。これは地球規模の問題に対してなされねばならない対策の一部である。」と述べた。

■遠隔教育

セルチュク国民教育大臣は遠隔教育に関して次のように語った。「これは終日放送される。放送が何時に、また何年生の生徒向けなのかということは発表されている。」「この休校の対策として我々が行う教育内容は、”eba.gov.tr”から詳しく見ることが出来る。また、444 0 632番からも24時間対応の電話でも、内容またはこれらの件に関してあらゆることを質問できる。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:大谷菜々)
(記事ID:48664)