巡礼帰国者のコロナ隔離、今日で8日
2020年03月22日付 Hurriyet紙


巡礼(小巡礼)目的で訪れたサウジアラビアからトルコに帰国し、新型コロナウイルス疑いによる予防措置のためコンヤ県内の寮2棟に留め置かれている人々は、隔離8日目を過ごしている

保健省がコロナウイルス予防対策の枠組みで、小巡礼帰国者を高等教育奨学金・寮施設協会(KYK)が所有する寮に留め置く決定を下したことで、コンヤ県の寮2棟に2200人が滞在している。小巡礼帰国者は隔離検疫下で8日目を迎え、部屋の窓から、あるいは寮の中庭で外の空気を吸う人々もみられている。また警察隊員らが寮前で保安対応を続けている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:原田星来)
(記事ID:48701)