イラン国内の新型コロナ感染者1万9644人に、死者は1433人(1)
2020年03月20日付 Iran紙


イランの保健副大臣は、現在までに国内では19,644人の新型コロナウイルスへの感染が確認されており、1,433人がこのウイルスによって死亡し、6,745人が回復していると発表した。

保健副大臣のアリーレザー・ライースィー氏は金曜日[訳注:西暦2020年3月20日]に、イラン国内における新型コロナウイルスへの感染者とそれによる死者の最新の統計について、「研究所の調査によると、昨日の正午から本日までに、新たに1,237人の新型コロナウイルスへの感染が確認され、国内のこのウイルスへの感染者は19,644人に達した」と説明した。

同氏はまた、「幸運なことに、国内のCOVID-19発症者のうち6,745名は回復して退院しており、この人数は日ごとに増加している」と述べたうえで、「残念ながら、[新たに]149名の感染者がこのウイルスにより命を落とし、国内における死者は1,433人に達した」と付け加えた。

保健副大臣によると、国内で新たに新型コロナウイルスに感染した人数の州ごとの内訳は以下の通りである。
テヘラン州220人/コム州36人/ギーラーン州99人/エスファハーン州145人/アルボルズ州95人/マーザンダラーン州84人/マルキャズィー州17人/ガズヴィーン州8人/セムナーン州52人/ゴレスターン州15人/ラザヴィー・ホラーサーン州48人/ファールス州50人/ロレスターン州9人/東アゼルバイジャン州55人/フーゼスターン州10人/ヤズド州49人/ザンジャーン州44人/クルディスターン州15人/アルダビール州35人/ケルマーンシャー州5人/ケルマーン州12人/ハマダーン州22人/スィースターン・バルーチェスターン州8人/ホルモズガーン州17人/南ホラーサーン州18人/チャハール=マハール・バフティヤーリー州3人/イーラーム州20人/西アゼルバイジャン州27人/コフギールーイェ・ブーイェル=アフマド州1人/ブーシェフル州1人/北ホラーサーン州17人

◆13の州で減少傾向
同氏は「13の州では、ベッドがすべてうまり、ICU[集中治療室]に空きがなく、他の病院に支援を求めるような状態の病院があったが、現在ではこれらの病院のICUにも空きができた。これは3日前に起きたことであり、国民が「新型コロナウイルス制御国民動員計画」や、「自宅に留まろうキャンペーン」に真剣に取り組んだことを示している。これらの州では、新たに新型コロナウイルスに感染した人の数が、2分の1、3分の1、4分の1に減少している」と述べた。

保健副大臣は「この感染症について重要なのは、感染者の多く、特に14歳未満の人に関しては新型コロナウイルスに感染しても症状が非常に軽いという点であり、例えば僅かな体の痛みや少々の咳が出る程度であるか、あるいは全く症状が現れない場合もある。しかし、これらの人々もキャリアであって、ウイルスを祖父母といった第三者に感染させる可能性があり、このウイルスはこういった高齢者にとっては危険である」と述べた。

同氏は「国民には、家に留まること、旅行に行かないことを推奨します。もし緊急を要して、または何らかの理由で旅行に出かけた場合には、保健の原則を守ってください。集会を避け、もしほんのわずかでも症状を見つけた場合には、保健省健康システムか4030システムに電話をして、自宅隔離の原則に従って下さい」と呼びかけた。

[続く]

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:KM)
(記事ID:48703)