テヘラン州の旅行者たちの驚くべき統計 新型コロナウイルス感染症の症状により州外への移動が認められず
2020年03月23日付 Hamshahri紙


テヘラン州副知事は、「イラン暦1398年エスファンド月29日(西暦:2020年3月19日)から現在までに100万人以上の旅行者に検温が実施された。そのうち2700人程に新型コロナウイルス感染症の初期症状がみられ、彼らの州外への移動は妨げられた」と述べた。
 イラン労働通信によると、テヘラン州から州外への移動の最新の統計に関して、モハンマド・タギーザーデ副知事は「スクリーニング計画を開始したエスファンド月29日(西暦:同上)から現在まで、テヘラン州から州外に出ようとした自動車が50万7000台あった。この計画では180万7000人程が検温の対象となり、そのうちの2700人に新型コロナウイルス感染症の初期症状がみられ、救急病院へと搬送された」と述べた。
 店の休業に関してテヘラン州開発担当副知事は「まさにこのことに関して会議が開催され、その中でスーパーマーケットやパン屋、食料品店を除くショッピングモールや主要な商業施設は休業措置を取ることが決定された」と述べた。
 タギーザーデ副知事は、水タバコを提供する一部の喫茶店に関して、「水タバコの提供はいかなる場所でも行われてはならず、水タバコの提供に関する報告がなされた場合は、違反者に連絡することが同業組合側に通知されている」と述べた。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:TR)
(記事ID:48716)