トルコからスペイン・イタリアに医療支援物資
2020年04月02日付 Hurriyet紙


国防省が管轄する工場や裁縫場で生産されたマスクと防護服、消毒液が、軍輸送機を用いてスペインとイタリアへ送られた。貨物の上にはメヴラーナの言葉と、「スペインとイタリアの皆さんに愛を込めて」とメッセージが記された。

国防省の管轄内にある工場や裁縫場で生産されたマスクと防護服、消毒液が、軍輸送機でスペインとイタリアに送られた。

国防省が管轄する工場や裁縫場では、新型コロナウイルスの蔓延対策としてマスク、防護服、防護マスク、防護ゴーグル、消毒液が生産されている。国産かつ国力で製造されたこれらの製品が、新型コロナウイルスの蔓延と闘っている二国の需要に応じて、レジェプ・タイイプ・エルドアン大統領の指示のもとスペインとイタリアへ送られることが決定した。製造地で箱詰めされた救援物資は、トラックでエティメスグト軍空港へ輸送された。トルコとスペイン、トルコとイタリアの国旗が並んで描かれた貨物の箱は、軍人によって軍用機に積み込まれた。貨物の上にはイタリア語とスペイン語でメヴラーナの「絶望の後には限りない希望がある。暗闇の後には燦然と陽が差す」という言葉とともに、「トルコからスペインとイタリアの皆さんに愛を込めて」というメッセージが書かれた。

マスク、防護服、防護マスク、防護ゴーグル、消毒液は、貨物機A400Mによってスペインとイタリアへ輸送された。飛行機はまずスペインへ、その後イタリアへ飛び、救援物資を届ける。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:森彩音)
(記事ID:48767)