アタテュルクとメヴラーナーへの侮辱で、逮捕命令
2020年04月09日付 Milliyet紙


コンヤ共和国検察局は、ソーシャルメディアで共有されたスタンドアップコメディのビデオでアタチュルク、メヴラーナ、シャムス・タブリーズィー、コンヤ及びコンヤの住人に関して、蔑むような発言をしたとされるエムレ・G氏に関して逮捕決定を下したと発表した。

検察局は、書面で、「ソーシャルメディアの共有サイトでメヴラーナ、シャムス・タブリーズィーとともに、コンヤ及びコンヤ市民、ムスタファ・ケマル・アタチュルクを侮辱するような形で発言を行い、公開した件で、共和国検察局の指示に沿って当該ビデオの内容を理由にエムレ・Gという人物について『アタチュルク不敬罪』に関する法律に違反し、『人々の記憶を侮辱した罪、人々を怒りや憎悪へと駆り立て、あるいは侮辱した罪』の条項に則り捜査を開始し、容疑者を逮捕・拘束する指示を下すとともに、捜査を慎重に行っている」と発表した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:村田七海)
(記事ID:48831)