トルコ映画:イスタンブル映画祭コロナ禍で一部プログラムをオンラインで開催へ
2020年03月27日付 Milliyet紙


イスタンブル文化芸術財団(İKSV)によって開催され毎年、興奮と共に待ち望まれ、数多くの映画と新しい発見の数々を映画ファンたちと邂逅させるイスタンブル映画祭は、今年は4月10~21日の期間に開催されることが計画されていた。しかしながらコロナウィルスの流行が原因となり映画祭は延期された。『橋渡しプログラム』に含まれる映画開発アトリエ、隣人プラットフォームとワーク・イン・プログレスへはプロジェクトと映画作品の数々と共に選出された映画人たちが、国際的なプレゼンテーションと審査員会議を催すために4月14-17日の間にオンライン上で一堂に会する予定だ。

過去の年にも文学作品の翻案がトピックとなり開催された各種のイベントの後に、受賞作家であるブルハン・ソンメズ氏の『イスタンブル・イスタンブル(İstanbul İstanbul)』という題の本のプレゼンテーションがカレム・エージェントによって行われる。2015年に「ドラマのデジタルへの移行」というタイトルの元で開催されたデジタル・プラットフォームとエピソードの表現様式に焦点を当てた『橋渡しプログラム』は、今年初参加となる作家たちの中でハーカン・ブチャクチュ氏、ラミン・マティン氏とエミネ・ユルドゥルム氏も参加する、『影のホテル(Gölge Otel)』ドラマ・プロジェクトも選出作品として含まれる予定だ。


■アトリエには誰が参加するのか?

10のフィクションと一作品のドキュメンタリーが含まれる「映画開発アトリエ」へ選出された各種のプロジェクトの中には、以前の『橋渡しプログラム』への参加者らの中ではトロント国際映画祭のアリ・ヴァタンセヴェル氏の新作プロジェクト『アゴニ(Agoni)』、映画『ジャノ(Cano)』の監督であるサーリヒ・デミル氏の『宝物(Hazine)』、制作者のヤマチュ・オクル氏、ドラマ『チュクル(Çukur)』の監督であるスィナン・オズトュルク氏とアルペル・ジャヌギュズ氏の小説『血とバラ(Kan ve Gül)』の映画化作品、メリサ・オネル氏がフェリデ・チチェキオール氏と制作した『突然(Aniden)』が含まれている。『不安(Kaygı)』と『魔女三部作(Cadı Üçlemesi)』によってその名を知られるジェイラン・オズギュン・オズチェリキ氏が制作を担ったアリ・オズクル氏の『それは創造物の一つ(O Yaratıklardan Biri)』というドキュメンタリーも、アトリエにおいてその位置を占めている。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:48845)