葬儀に出席していた一家全員が新型コロナウイルスに感染
2020年03月30日付 Hamshahri紙


ブーシェフル州の新型コロナウイルス対策本部書記官は、「ダシュテスターン県のある村で行われた葬儀に出席したことで、父母も新型コロナウイルスへの感染により亡くなっていたある一家5人が、新型コロナウイルスに感染した」と述べた。

【ハムシャフリー電子版】イラン学生通信によると、このことに関して、サイード・ケシュミーリー博士(前出の書記官)は、「新型コロナウイルス感染者リストに新たな感染者が加わり、ブーシェフル州の感染者数は合計93人になった」と語った。

 ブーシェフル医科大学長は、COVID-19の新たな感染者の詳細に関して、「8人中6人がダシュテスターン県の県民であり、一人がタンゲスターン県の県民である。そして、全員が、数日前に検査の結果陽性が判明していた感染者の親族である。」と述べた。

 ケシュミーリー氏は、集会、特に葬儀への出席を控えるよう再度広く市民に呼びかけ、「ダシュテスターン県のある村で行われた葬儀に出席したことで、父母も新型コロナウイルスへの感染により亡くなっていたある一家5人が、新型コロナウイルスに感染した」と述べた。

 彼は、続けて「もう一件はブーシェフル市民の60歳の女性であり、数日前に二人の子息の検査結果が陽性と判明していた女性である」と語った。

 彼は、急性呼吸器疾患の症状がある60人の患者がブーシェフル州内の複数の病院に入院していると述べた上で、「これまでに新型コロナウイルス感染検査の結果陽性が判明した93人のうち74人が回復し、自宅観察になっている。そして、現在13人の患者がブーシェフル州内の複数の病院で引き続き治療を受けている。」と付け加えた。

 ブーシェフル州のコロナウイルス対策本部書記官は、4030番電話相談窓口に責任をもって連絡するよう市民に呼びかけた上で、「新型コロナウイルスの感染の連鎖を断ち切るために市民が全面的に協力することが、COVID-19に打ち勝つ最重要の柱である」と述べた。

 彼は、「社会距離拡大戦略の実施と都市間の往来を抑制する一方で、市民の皆様には、自宅に留まって医療従事者の負担を増やさぬようお願いする」と指摘した。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:SR)
(記事ID:48849)