WHO、トルコのコロナ状況改善傾向
2020年04月23日付 Milliyet紙

最新情報によると、世界保健機関(WHO)はコロナウイルス感染症の最新状況を評価した。この感染症のトルコでの状況に関して、慎重さを要すものの楽観視しており、感染者数が均衡を取り始めたと公表した。

発言は、WHO欧州地域事務局が今日行った記者会見でなされた。

WHOの衛生緊急事態のキャサリン・スモールウッド上級委員は、BBCトルコ語版がトルコにおけるコロナウイルス感染症の状況について問い合わせた所、以下のように返答した。

「現在トルコで感染者数が10万人に近づいていて、先週中に感染者数の増加率も約47%になった。つまり、現在は一定水準で増加が続いていると言える。」

「しかしトルコでは、早期に始められた対策のおかげで、一般的傾向として感染者数は減少もしくは均衡を取り始めた。全体的に、トルコに関しては感染者数が均衡を保っているため、慎重さを要すものの楽観視している。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:佐藤くるみ)
(記事ID:48937)