教育大臣「学年末試験の20%を選択問題に」
2020年05月03日付 Jam-e Jam紙


 教育大臣は学年末試験の20%を選択問題にすると発表した。

【ジャーメ・ジャム電子版】イラン学生通信(ISNA)によると、モフセン・ハージ―・ミールザーイー教育大臣は記者団に対し、以下のように述べた。「休校前に対面授業で授業内容の80%を終えた。そのため点数の80%はこの内容からだ。」

 大臣は加えて、「残り20%の授業は非対面式で行われる予定だったが、全ての生徒がこの授業を受けられたかは不確かである。従って、20%は選択制の試験が計画されている。」と述べた。

 ハージー・ミールザーイー教育大臣は、この20%の選択問題について以下のように述べた。「オンライン授業を受けられた生徒は、最近学習した内容から出題される問題に答えればよい。この授業を受けられなかった生徒は、対面授業で習った内容の問題に答えればよい。このため、生徒は全授業内容の80%(対面授業学習分)を学んでいれば容易に問題に答えることができる。」

 教育大臣の説明によると、この方法では、試験問題全体は共通問題と5問の選択問題からなる。生徒は対面授業で習った内容から出題された5問を解いても良いし、あるいはオンライン授業の内容から出題された5問を解いても良い。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:KY)
(記事ID:49054)