ボスフォラス海峡に、イルカの群れ
2020年05月27日付 Hurriyet紙


コロナウイルスの諸対策の枠組みで海の交通が減少したことに伴い、ボスフォラス海峡において頻繁に見受けられ始めた可愛らしいイルカたちが、ターコイズブルーに染まったイスタンブルのボスフォラス海峡に彩を添えている様子が上空から空撮された。

新型コロナウイルス(Covid-19)の大流行に対する対策の一環として、海の交通網が減少されるのに伴って、イルカたちがイスタンブルのボスフォラス海峡において更に頻繁に見受けられ始めた。

街の様々な地点から、時折その姿を現した可愛らしいイルカたちが、ターコイズブルーに染まったボスフォラス海峡において、勢いよく泳ぐ姿が上空から空撮された。何十頭ものイルカがスフォラス海峡で餌を求めてダンスを踊るかのように海に飛び込んでは顔を出す様子が、アルナヴトゥキョイの沿岸において鮮やかな映像を作り上げた。
その一方で、イルカたちだけでなく、ボスフォラス海峡にカモメたちも集まっている様子が映像には映りこんだ。

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:堀谷加佳留)
(記事ID:49184)