国家道路管理センターオペレーション室長が発表 テヘラン-イラン北部高速道路とキャンドヴァーンで渋滞 安全面の問題により6本の道路通行止め
2020年06月02日付 Jam-e Jam紙


「現在、チャールース街道の北に向かう車線、さらに18号トンネル部分からチャールース街道の入り口までのテヘラン-イラン北部高速道路が渋滞している」と国家道路管理センターオペレーション室長イーマーン・メフラービーニヤー氏は発表した。

【ジャーメジャム電子版】イーマーン・メフラービーニヤー氏はファールス通信とのインタビューで、最新の道路交通状況について以下のように発表した。「映像監視カメラとオンライン交通計測システムによると、現在連絡道路の大部分は開通しており、道路状況は正常である。」


キャンドヴァーンとテヘラン-イラン北部高速道路北方面出口での渋滞

 同氏は「現在、チャールース街道は、北に向かう車線でシャフレスターナク・ジャンクションからネサーまで、及びキャンドヴァーンからメジュラールまでの間が渋滞している」と述べた。

 続けて、「さらにはテヘラン-イラン北部高速道路の18号トンネルからチャールース街道の入り口までの区間が渋滞している」と述べた。


ハラーズ街道での渋滞

 同氏は「ハラーズ街道は、シャーハーンダシュトとヴァーナー、バーイジャーンの区間とチェラーヴ三叉路から1号トンネルまでの北に向かう車線が、南に向かう車線はナーランジェスターン地区が渋滞している。」と述べた。

 続けて、「ほかの北部の道路で障害は特に報告されていない」と述べた。


ガズヴィーン-ラシュト高速道路とフィールーズクーフ街道の状況

 同氏は以下のように述べた。「フィールーズクーフ道路とガズヴィーン-ラシュト高速道路では上下線ともに順調である。」


キャラジ-ガズヴィーン間の自動車渋滞

 同氏は「映像監視カメラによると、キャラジ-ガズヴィーン高速道路のシャヒード・キャラーンタリーバスターミナルからメフルヴィーラーまでの区間とゴルダシュト地区で渋滞がみられる。」と述べた。

 続けて、「現在、ガズヴィーン-キャラジ高速道路のサーサーニーからファルディース橋までの区間が渋滞している」と述べた。


安全面の問題により6本の道路が通行止め

 同氏は「現在、ガズヴィーン-ハマダーン道路は110㎞にわたって通行止めになっており、代替ルートで対面通行が行われている」と述べた。

 同氏はラーミヤーン-オーラング-シャールード街道の通行止めについて言及し、以下のように続けた。「今現在、ロレスターン州のホッラマード-ポレドフタル街道とコフギールーイェ・ブーイェルアフマド州にあるスィーサフト-パーデナー街道、シェムシャク-ディーズィーン支線道路、ケルマーン州のシャフダード-ネフバンダーン街道が安全面に問題があるため通行止めになっている。」

Tweet
シェア


この記事の原文はこちら
原文をPDFファイルで見る

 同じジャンルの記事を見る


(翻訳者:KT)
(記事ID:49256)